August 12, 2016

青葉台のお教室L'atelier de Shiho Akita、

8月のレッスンはベトナム料理でした。

暑い中ご参加下さった皆様ありがとうございました。

イカのトマト煮込みは

新鮮な丁度良い大きさのするめイカが手に入り

食べ易く、柔らかく仕上がりました。

甘酸っぱいブンチャーのタレは

素麺でも美味しくいただけそうです。

パクチーやミントなどたっぷりの香草といただきました。

デザートはベトナム料理ではありませんが

この時季に是非ご紹介したかった

桃の白ワイン煮でした。

冷た~くして、ソースとゼリーを添えて。

レッスンの際に、岡山の清水白桃の話題に。

とってもやわ...

August 12, 2016

パリのお土産に、

南仏に本店のあるビスケット屋さん

「Le Petit Duc 」のカリソンを

パリのLes Halles 店で購入しました。

カリソンはポール・セザンヌの故郷

エクス・アン・プロヴァンスの郷土菓子です。

アーモンドとオレンジの花の水などを練り込み

表面をグラスがけしたお菓子で

口に入れると、アーモンドとフルーツの香りが

ふわぁと広がります。

15世紀にフランスの王様が

結婚式でお姫様に笑顔になってもらおうと

菓子職人に作らせたお菓子で

プロヴァンス語で「Di Calin Soun」=「抱擁」から

名付けられたロマンティックなお菓子です。

伝統的...

August 5, 2016

7月のお教室の翌日、

バタバタと飛行機に乗り

すっかりご報告が送れてしまいました。

7月は初夏のフランス料理4品をご紹介しました。

キャビア・ドーベルジーヌの出来上がりになかなか納得いかず、

野菜に詳しい方に色々お伺いし

千両・長茄子・巾着茄子・米茄子など

数種類のナスで何度も試してみました。

一口に茄子と言っても

肉質も品種によって本当に様々。

特に茄子は200種類もあるといわれていて

野菜の中でもその豊富さには圧倒されます。

千両はどんな料理にもよく合いますが

小売店で千両以外の茄子に出会う機会が少なく

とても残念に思います。

また今は火を通すと

とろけるよう...

August 5, 2016

先日フランスから戻りました。

今回はパリだけの滞在で

あっという間の半月でしたが

今回も魚と肉の色々な火入れの方法を学んだり、

野菜やハーブの驚く使い方や、フランス菓子の技術など、

また新しい発見や学びが沢山ありました。

日本ではまだあまり馴染みの薄い

アーティチョークのお料理は

シェフのアイディアが詰まった楽しい一品でした。

一緒に参加していたフランス人の男性も

「アーティチョークはよく使うが、こんな料理は初めて!」と

関心しきりでした。

何度目かのマカロンの講習では

生地を乾かさず、すぐにオーブンへ。

シェフに理由を尋ねると納得の答えが。

毎回新しいテクニッ...

Please reload

特集記事

FIGARO.jp【いつかの旅に思いを馳せる、夏のスイーツレシピ】

September 3, 2020

1/10
Please reload

最新記事

November 1, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square