April 28, 2017

初夏に頂きたい、バナナの香りいっぱいの

爽やかなシュークリーム。

香ばしいシュー生地に

バナナ風味のクリームをたっぷり入れて、豪華に仕上げます。

シュー生地の上手な作り方のポイントや

口溶けのよい、美味しいクレーム・パティシエール(カスタードクリーム)の炊き方など

フランス菓子の基本もたくさんご紹介します。

作ったシュークリームはお持ち返りいただけます。

いつもと一味違ったフランス菓子を、是非ご家庭で!

皆様のご参加お待ちしております。

【メニュー】


・バナナのシュー・ア・ラ・クレーム

日時:6月18日(日) 11:00~14:00

参加費:4800円(ら...

April 28, 2017

4月は春の食材をふんだんに使った

中国料理をご紹介しました。

春から夏が旬のメバルは

白こしょうの香りを移したスープで

ゆっくりと煮込みました。

少し値の張るお魚ですが

火を通しても身が固くならず身離れがいいので

煮ても焼いても揚げても、とても美味しくいただけます。

ご家庭では切り身の白身魚を使って

気軽に楽しんで下さい。

和食で頂く機会の多い筍ですが

今回はピリッと辛味を効かせて

中華風に仕上げました。

ビールのおつまみにも是非!

デザートにはベトナムプリンを。

コーヒーキャラメルの苦味で大人のプリンに。

今はとろりなめらかなプリンが人気ですが

しっかり固さのある...

April 28, 2017

マスタードで有名なディジョンを中心に

広大なワイン畑が広がり

温暖な気候と肥沃な土壌に恵まれ

「フランスの食料庫」という異名を持つ

ブルゴーニュ地方のスペシャリテをご紹介します。

豚肉はブルゴーニュの名産赤ワインでマリネし

香ばしく焼いたキャベツと共にやわらかく仕上げ

赤ワインクリームソースでいただきます。

お肉のマリネの仕方や、コクのあるソースの作り方など

ちょっとしたコツで、お家でも本格的な一品に!

グリンピースとレタスは

鮮やかな緑がなんとも春らしい

フランスの春を告げるお惣菜に。

コーヒーゼリーは一味加え

大人っぽいちょっぴりリッチなゼリーに仕上げます...

April 17, 2017

フランス語で復活祭(イースター)は

「Pâques (パック)」と言います。

日本ではまだハロウィンほど馴染みのないイースターですが

キリスト教ではとても大切な一日だそうで

フランスでも卵やウサギなどの形をした

チョコレートがお菓子やさんに並びます。

昨日はらでぃっしゅぼーや初台キッチンで

フランス菓子講座でした。

偶然にもPâques当日にあたり

ウサギをイメージしたカップケーキをご紹介しました。

爽やかな酸味のフランボワーズクリームと

濃厚なアーモンドのバタークリーム

2種類のクリームを絞り

アラザンやパステルカラーのドラジェで

可愛らしく飾りつけしました...

April 3, 2017

先日はフランスとスペインご家族への

日本料理教室でした。

とっても素敵なご家族で

私も楽しい一時を過ごさせていただきました。

フランスの方に

日本の調理道具をご紹介すると

美しい~!と感激していただきます。

普段当たり前に使っている

雪平鍋や巻きす、箸置きなどを

熱心にご覧になります。

そのたびに少し誇らしい気持ちに♪

まさにそれらは日本の職人芸。

一つ一つ丁寧に時間をかけて作られた

一生物の当具達です。

海外の厚手のお鍋も

もちろんすばらしいけれど

雪平鍋のように

軽くて使い勝手のよい

暮らしに根ざした実用的な日本の道具。

フランスの方々に

そのすばらしさを改めて

教えて...

Please reload

特集記事

FIGARO.jp【いつかの旅に思いを馳せる、夏のスイーツレシピ】

September 3, 2020

1/10
Please reload

最新記事

November 1, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square