Le Colombier


久しぶりにル・コロンビエを焼きました。

南フランスでパンコート(聖霊降臨際)の週末に食べられる、

港町マルセイユ生まれのお菓子です。

使用する小麦粉はほんのわずかな為

少々難しいお菓子ですが

それ故アーモンドの香りが広がる、贅沢なお菓子です。

生地には南仏スペシャリテのフルーツの砂糖漬けを

ふんだんに詰め込み

仕上げはグラスでちょっぴりおめかしします。

生地の中にフェーブ(小さな陶器)を隠し入れ

切り分けた際に当たった人は、一年以内に結婚するという

ロマンチックな言い伝えがあります。

通常は丸型で作りますが

今回は春を思わせるマルグリット型で。

春のお祝いやweddingにも是非。

4月8日のレッスンでご紹介します♪


特集記事
最新記事